広告

3日 So what? #エッセイ #Day2 #書けるようになりたい一心です



こんばんは。


今日も、有意義な1日を過ごしてきました・・・。


お腹が痛すぎて、昨日あんまりねれなくて、

今ものすごく眠いです。




はい。




今日の午前中は、

エッセイの中で使うべき言葉遣いだったり、

どうやったら上手に、自分のアイディアを

上手く繋げて、読者とコミュニケーションを取れるか

だったり、どうやって読者が読んでて自分の意見に

賛成してくれるように仕向けるかだったり、

とーーーにかく、ためになるお話ばかり。




そして午後は

あの、60%しかもらえなかった

私のエッセイ!!!

点数がつけられたエッセイなんですけど、

それを今、

私のことを全く知らない人に読んでもらって、

一緒に私は見直しをしてもらっております。




リアルタイムでリアクションをみることができるのは、

すごいし、もうどれだけエッセイがひどいかが

よくわかりますね・・・笑




あれでよく提出したよなあーと今だから思います。







今日のブログの題名、So what? だからなに?

なんですけど、そう私はエッセイを書いてる時に、

「だから、こうなんです。」を、

それぞれの終わりに言わないで

次のトピックや、例えに移動する傾向があります。

で、最後にまとめてまとめるくせというか、

そういうエッセイの書き方はあんまりだめなんです。笑




たとえば、ゲームを授業の一環として使うメリットを

書いている時に、SimCityっていうゲームのお話を

リサーチして、1つの例えとして書いたんです。

その最後のまとめとして、

”SimCityを教室で使うことによって、

自分の街のことなどなにもわからない生徒たちは

一般的な街の仕組みや、市長さんの必要性などが

よりわかりやすくなります。”







・・・・So what? だからなんなの?




っていう・・・ね笑




”街の仕組みがわかってきたら、

市民としての役割みたいなのが見えてくると思うし、

もっと自分の街に対して興味をもてるようになると思うから、

学校でSimCityみたいなゲームを授業として

もっとしていくべき!”っていうのを

最後に書かなきゃ・・・・、

読んでる人は不完全燃焼のまま

次のトピックにいくことになります。




言われてみればそうだよなああ・・・。と思って、

次からエッセイを書いた後

自分で見直すときは、最後まで

完全燃焼読者様ができるかどうかを

確認していきたいっすね!




まー、もっといろんなことを

直すんだけど、よく私が言われる。と前に書いた

Too broadの意味がやっとわかった気がする。

たしかに、ちまちましたところで、

投げやりになってて、これはよくない。って

思ったりもしてて、

点数はもうついてしまったエッセイだけど、

それを誰か全く知らない人と

見直すことによって、わたしのダメだったところが

わかってきて、とても楽しい。




同じトピックでかけ。って言われたら、

もっといいものがかけそうな気がする。







ちなみにこちらが、60%だったエッセイの1ページ。(8-9ページ中)









紫のペンが、お直しのところです。




エッセイ・・・もう本当に難しいけど、

ちゃんとコツさえつかんで、

上手く自分の意見に賛成してもらえるような

エッセイが書けるようなれば、楽しいはず!!



眠すぎボンバー、おやすみ!

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントいただけるとありがたいです!