広告

16日 留学がとても身近なのね! #たくさん人が留学してる #すげえ時代 #なぜか人生の話に


すごいっすね、今どきは
みなさん、若いうちに海外に行くのが
流行っているんですね・・・。

といいながら、15歳から私も
がっつり海外にいさせてもらっているのですが、
こういつも聞かれるんですよ、カナダ人さんに。

「ここにきたのは、
親に送られたの?
それとも自分で選んだの?」

まあ、そうですよね、
15歳で親元離れ、
言葉の通じない外国に行き、
一人で知らない人と生活をし始めるって
普通はそんなこと
15歳じゃあ選択しませんよね。。

でも私は自分で選んで、
アホなりに考えて悩んでつらたんやって、
ちょっとずつ成長してるかなって思います。

いや私がもし日本の高校に
行ってたらそれはそれで
また違う人生があったとは思います。

体育祭で騎馬戦やったり、
文化祭でお好み焼きとか焼いて、
なぜかサッカーのユニフォームを
真似たクラスTシャツ、お揃いのを着て、
お化粧して、髪の毛もアレンジして、
女子女子したことをしていたかもしれない!

大学もそうです。
日本の大学っていう進路にしていたら、
おそらく今頃合コンに誘われるのではなく、
ご自分でセッティングして、
モテモテなバラ色人生を歩んでいたかもしれない!
いやないな。わんちゃんすらないな。
そもそも合コンの仕組みがわからない。
てきとうに発言して、ごめんなさい。

でも、現実的にサークルに入って、
バイトして、ヲタ活に力を入れて、・・・
いや、ガチめに、
ハロヲタサークルに入りたいんすよ!笑
あれって、海外の大学の人って
参加できないんですかね?
インカレ制度は世界規模ですか?!?!
(インカレ制度をあまり理解していない様子。)

そんな憧れな日本のJK生活や、
JD生活を妄想はしてみますが、
やはり一番しっくりくるのは、
カナダの学校に通っている私。

いくつものホストファミリーに
追い出されても、
バスの中がコーヒーこぼれちゃったのか
なんだかしらないけど、
めちゃくちゃ朝から臭くても、
地域によっての天気の差が激しくても、
なぜか落ち着くカナダ。
(私は、Tea人間なので、
コーヒーはちょっと違います。)

他の国に四年とか長く滞在したことないから
比べることはできないけど、
なんかカナダいいんですよ!

例えば電車の中で
ここに行きたいんだけど・・・って
お兄さんが1人のお姉さんに聞いて
お姉さんが親切に教えてあげていると、
周りの人も参戦して、
一緒に解決しようとするところとか。
終点に着くときには、みんな友達。になっていて、
いやん、素敵!と思いました。

私がまわりの高校生さんたちによって
ドアへの道が封鎖されているとき、
あたふたしている私を見た
おじいちゃんが、ガヤって叫んで
道を作ってくれたり・・・

にっこり笑って、Thank youです。

別のパターンじゃ、
道がふさがれてて、そーりー、
えくすきゅーずみーを連呼していると、
一人がガヤっと叫んで
みんなをどかしてくれたり・・・

カナダ人、意味もなく謝るところあるけど、
人や場所さえ当たれば、基本楽しいですよ!
個人差はあるとはおもうけど・・・!

ノバスコシア州のバスも
ショッピングモールも
映画館も何もない
田舎町にいた私が言うんだから
間違いない。

お買い物もスタバも
なんかこう私って感じがしないので、
若干イケイケが集まるバンクーバーは、
まだ慣れないけど・・・。
スタバ飲むなら
お家から水筒にお茶を持ってくるという
この家庭力アピール。
(料理はできません。)

オタワやバーナビーという
この田舎なのか都会なのか、
という中間みたいな街が私には
ちょうどいいのかもしれません。

あれ、なんの話してたっけ・・・・。

あ、若いうちから海外に行くやつだ。
私はカナダ選んでよかったな。って思いました!
違う人生ね、まーあったかもしれないけど、
今の人生楽しいので、
誰かと比べるものでもないし、
自分が好きな人生をこれからも
進んでいけるように頑張りたいです。


まって、こんなこと
書くんじゃなかったんだけど・・・
なんか違うんだけど、
何書こうと思ったんだっけ・・・
大縄と制服で興奮してたら
忘れちゃった・・・。


ではー、プロジェクトのほうが
なかなか面白いのでがんばるんば!

さいなら。




0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントいただけるとありがたいです!