広告

15日 Twitter

熊本地震で亡くなられた方々に、
お悔やみ申し上げますと共に
被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

熊本で大きな地震があったことが
カナダでもニュースになっています。

あとは、私もSNSを使っているので、
いろいろな情報が流れてきます。

私に、なにかできることはないのか。
そこで思ったのが、
Twitterの使い方の見直しを
呼びかけることかな。と思いました。

今回の地震の件で、
〇〇らしい。とか、誰々から聞いた話です、
拡散お願いします。とか、
そういうツイートをたくさんみました。
(LINE電話について、根拠のない予言、噂などなど)

3.11の時に流れてきたチェーンメールを
本気で信じていた私なので、
混乱している状況で、
流れてきた情報が正しい情報かどうかを
冷静に見分けることなんて
無謀なのはわかっています。

そして、ツイートしている側は、
役に立ちたい気持ちで
拡散希望タグを
使っている方々がいるのもわかります。

けど、いまこんな状況だからこそ、
一人一人が情報を発信する際に
もっと責任を意識することが
大切になんじゃないかなと思いました。

SNSだって、メディアのひとつです。
特にツイッターは、
RT機能や#(ハッシュタグ)のおかげで
簡単に一人が発信した情報を
何千人という人に見られるチャンスがあります。
なので、アカウントを持ってる一人一人に
ツイートした瞬間、または誰かのつぶやきをRTした瞬間、
誰かに影響力を与える力があると私は思います。
その影響がいいものであればいいけれども、
もし不安を煽るようなものや、
RT数稼ぎのためのものならば、
Twitterの良さを潰していると思いました。

何千ツイートの1ツイートかもしれませんが、
何千リツイートの1RTかもしれませんが、
インターネットを通してなにかを書き込む際、共有する際は、
どれくらい自分の発言/行動が注目されるのか、ではなく、
自分のツイート/RTを他の人がみたらどう思うかどう感じるか。を
考えて情報をお互いが共有できたら、
Twitterがより有効的な情報交換手段となると思いました。

私たちが情報を直接提供できるSNSは
いいところがたくさんあると思います。
なのでこう少しずつ
使いかたを変えていくだけで、
とても有効な情報源になると思うので、
Twitterを使っているみんなが
自分のツイートに責任をもって、
発信できるようになればいいと思います。

本当に、私がTwitter上で
フォローさせていただいている方々の中にも、
いろんな情報が一気に流れてきていて、
不安になってる方々がたくさんいる状況で、
なにかできないかな。と思って
この記事を投稿します。

1日も早い復旧を心からお祈りいたします。

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントいただけるとありがたいです!