広告

11日 ダブルクォーテーション! #例のアレ #カニさん #明日からあなたも英語話せる風に見える

ダブルクォーテーション!!

"←これです。



本来は、日本でいうかぎかっこ「」みたいな役目です。
She said, "I love chocolate." みたいなかんじです。


さあでも、みなさん、海外ドラマや映画で
話してる時にこういうジェスチャーをする人、

47
みたことありませんか?
(Google先生を使って発掘した画像なので、
この人がどんなシチュエーションで使ったのかは
わからないです。すいません。)

このカニのようなジェスチャーは、
エアクオーツと言って、
会話中なにかを強調したい時に使います。
けど、ただ単に強調するだけではなく、
皮肉を込めた使い方をします。例えば・・・

例1: 

I went to the "party".
私は”パーティー”に行きました。

このpartyにダブルクォーテーションが使われているのは、
パーティーというパーティじゃなかったから。
名前だけのパーティー、みたいなかんじだった。
みんなはパーティーって言ってたけどね笑、みたいな感じを
表現したくて、エアクオーツをします。


例2: 

My mom: How is your sister doing?
あなたの妹は、どうしてる?

Me: Well... she is "studying". 
えっと・・・彼女は”勉強”中です。

おそらく、妹は私に「勉強してる」って伝えたけど、
私にとって彼女のしていることは勉強じゃない。と思ったら
エアクオーツします。
例えば、私が妹に、LINEでなにしてるの?って
送ったら速攻で、
「勉強なう」みたいなかんじで返信きたりしたら、
こいつ遊んでんじゃね?と私が思い、
母に妹どうしてる?って聞かれたら、
エアクオーツで”勉強”してるらしいよ。と伝えたあと、
05

こんな仕草をすれば、完璧笑
(Eye rollというまた
ちがうジェスチャーですね。笑)


説明が難しい・・・。

でもこれ、使えるようになると、
癖になって、英語話してる時とか、
私はそうとは思わないけど、
一般的にはこうだからっていう時とか、
(一般がなんやと文句を言いたい時が主。)
いろんな場面でもう使いまくります。
ブログでも、使うことがあると思うのですが、
「」の時もあれば、皮肉を込めて使うこともあると思うので
””をみつけたら、こういう意味なのか。と納得してみてください。笑


ということで、
日本にはないなあ。と思ったので
紹介してみました。

なんか、わかりづらかったとおもうし、
うまく伝わってないかもしれないし、
調べたらいろんな使い方があるみたいなので、
ぜひきになる方は、こちらも読んでみてください。

クリックすると、Naverまとめ記事に飛びます。

↑わかりやすかったっす笑

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントいただけるとありがたいです!