広告

19日 キャンピングカーが運転したいの。 #カナダ #キャンプ #夏休み #楽しかった



改めまして、わたくし、
キャンプに行ってきたわけですが、
焼けましたねー。笑

私が小さいころ日本で
行っていたキャンプは
蛇口をひねれば水が出てきて
トイレも怖かったけど、
ちゃんと電気もあるし
水が流れて、手を洗うところもあって、
シャワーもあって、
寝るところもちゃんと用意されていた
キャンプにしか行ったことがありませんでした。

ノバスコシア州の留学生のための
サマキャン(サマーキャンプ)に行った時に
二日くらいテントで寝るキャンプに行きましたが
ゆうて、2日間です。
シャワーなしでも生きていけるレベルです。

ただ、今回は
5日間という短いようで
実はとても長いキャンプでした。笑
トイレはもちろんボットントイレ。
こちらがトイレなんですが、中に電気もなにもないので夜は懐中電灯持参です。笑 
落としたら即終了です。

シャワーなんてないし
水は、・・・スーパーから買ってくる水は
限られているので、
湖から水を汲んできて
それを沸騰させて
顔を洗ったりと
とにかく不便!笑

それが非日常感溢れてて
素晴らしかったのですが
正直5日間は
ネット依存してる私にとっては
若干長かったですね。笑
キャンプファイヤーで
マシュマロを焼いて食べることに
助けられてた気がします。

手前の火でマシュマロ焼きました。

木のスティックはホストファザーがその場で作ってくれました。
美味しさも2倍。いや3倍?!


シャンプーも一回だけしました・・・。
もちろん湖の水を汲んできて
その水で洗うんです。笑
2度洗っても全然泡立たないし、、、、
さっぱりはしたので良かったですが笑

3日間ならイケるって思いました。
あと、キャンピングカーあれば
多分もうちょいイケるって思いました。

っていうのは
テントの中で寝てたのは
私たちだけで
他のキャンパーたちは
みんなキャンピングカーを
使っていて、、、、
キャンピングカーならいけそうだな。って
勝手に思ったんです。

テントの中も非日常感溢れすぎてて
本当に結構好きだったんですけど
寒いんですよね笑
ブランケット4枚かな?笑
それでまあまあ平気ってかんじだけど
夜、トイレに起きないことを願って
眠りに入るんです。

あ、しかも、周りのキャンパーたちが
夜中まで騒ぎまくるので
こう、、、うるさくてねれない騒音問題とか笑

キャンピングカー運転したいので
免許取ろうかなと思ったんですけど、、、
いま必死に調べております。

でも、やはり
ちゃんと一人で運転できる免許が
もらえるまでは3年くらい
かかりそうなので、考えます。

まあ、免許の話はまた今度するとして
キャンプの話ですよね。

自然の中で読書をひたすらできたりするのは
(三冊、日本語で読破しました。
ソロモンの偽証(1)/チア男子/白ゆき姫殺人事件)
本当にキャンプならではだと思ったし
夜の星は素晴らしかったし、
流星を10個以上30分以内に見えるとか
そんな貴重な体験ができたり
野生のラズベリー摘んだり、
楽しい!笑

ホストマザーの赤いiPadと赤いラズベリーが
いい感じにマッチしております。

洗って美味しくいただきました。


湖で泳ぐこともできたのですが
あったかいようでやはり水辺は
寒かったので諦めました。
が、ゴムボートで
水の上には行きました!

あ、そうそう。
ホストファザーは
野生のクマに遭遇したらしく
(歩きで、危険なので
速攻私たちの場所に戻ってきて
教えてくれました。)
私も見たかったので
車で連れて行ってもらったのですが
すでにベリーを積み終わった後
だったのか、もうそこにはいませんでした。
残念ですね。

夜は、星もすごかったけど
野生の動物の鳴き声とかが
聞こえるんです。
ふくろうからはじまり、
コヨーテの遠吠えみたいなのが
始まるんですよ!!

ちょっと、動物園じゃないのに
すげえええええええってなりながら
寝ました。

もちろんお近くのキャンパーたちが
もっと静かだったら
もっといろんな音が聞こえたんだろうけど。

まあそんなかんじで、
連れて行ってくれたホストファミリーは
私に個別でテントを用意してくれたり
本当に、なにからなにまでお世話になりっぱなしで
感謝の気持ちでいっぱいです。


将来キャンピングカーを
運転できるようになりたいです。

今回連れて行ってもらった
キャンプ場は
British Columbia州にある
Merrittという町の近くの
Lundbom Lakeという場所でした。

馬を飼っている方は
連れて行くこともできる場所です!

・・・って
まさか馬持ってる人で
このブログ読んでる人は
いないかな笑

キャンプ場に関して
詳しくはこちらのURLから!
http://www.campingandhorses.com/lundbom_lake.htm
http://www.sitesandtrailsbc.ca/search/search-result.aspx?type=Site&site=REC1883
(正式なサイトは見つけられたなかったのですが
これらのサイトに説明が書いてあります。)


キャンプ中に撮影した
他の写真たちは
こちらから飛ぶことができます。

キャンプ場の虫さんたちを見たい方はこちらから
(トンボメインだけど笑)

鳥さんたちを見たい方はこちらから
(ワシメインっす笑)

湖な景色を見たい方はこちらから
(遠目が多めです。)


というわけで・・・・
こんなかんじで
キャンプのお話は終わりですかね。

みなさんもぜひ
カナダに来て
車とテントなど一式揃えて
キャンプに行ってみるのは
いかがでしょうか??

日本じゃありえないような
自然な場所、ザ・カナダを
味わえます。



では!


Follow Me 
   




0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントいただけるとありがたいです!