広告

16日 カナダの大学の教科書事情。 #サイズ #値段 #SFU #くらべてみました





さあ、大学に入って、
3年が経つわけなんですが、、
今学期に関しては
教科書がなんか小さいんです!!




向かって一番右にある
"Introduction to Communication Studies"
と書かれている教科書は
CMNS110という
GPAブースターと呼ばれていながらも
私にはなかなか難しかった
コミュニケーション学専攻生
必修コースで使いました。

きっとこの110コース、
いまならできる気がします。
・・・当たり前か笑


そして、その隣にあるのが
今とっているコース、
CMNS253Wで使っている
教科書なのですが
若干小さめですよね?!

小さめで助かっております。

というのも、あんまり
今までとったコースで
教科書をレクチャーにもってきて、
と言われたことがなかったのですが
この今とっているコースに関しては
毎週出席したという証拠に
小テストがだされるんです、
その時に、教科書をみて答えを
探していいので
教科書持ってかなきゃ
いけないんです。


いやね、もちろん事前に読んでなきゃ
その問題になってるものが
どこに書いてあるかすら検討が
つかないので
10分で30ページを読むのは
さすがにきついので、、、
(教授様が書かれているので
トイレとか電車とかで
読みたくなる感じの本ではないですね。)
一応宿題として
リーディングしたか
してないかが、
バレてしまうんですけどね。笑

まあ、そういうことなので
教科書を持っていかなきゃいけないと思うと
大きいとパソコンと
巨大な教科書ってまじで重いので
ちょっとだけ小さいだけでも
助かります。

・・・文庫本サイズに
なったらいいなーって
比べてて思ったのですが
きっと文字小さすぎて
図も小さくなって
リーディングの宿題
やらなくなりそう、と
いまブログを書いてて
思い直しました。

いつかきっと
すべてデジタルになる日が
やってくると思います、、
そしたら文字も拡大して読めるように
なるだろうし、、、
おばあちゃんになっても
勉強しやすくなりますね!
(何年学生やるつもりだ、という
ツッコミ待ちです。)


そんなかんじで、
まあ教科書を買ってくださいっていう
教授もいますが、
リーディングはすべてオンラインで
渡すので教科書の購入の必要は
ありませんっていう
生徒の財布を気にしてくれる
教授もいます。

私は、、、コースを選ぶ上で
やっぱりそこはみてしまいますね。笑

時々、同じくらい取りたいコースで
Aコースが教科書購入を必要として
Bコースは全部オンラインで
リーディングできます、って
書いてあったら、Bコース選びます、、、

図書館で借りるのができる
教科書もまれにありますが、、
もう戦争ですよ。
長く手元に置いておけないケースが
ほとんどですし、、。

それくらい、
教科書ってバカ高いので
過去にコースをとった生徒さんから
ちょっと安くしてもらって
買うケースもありますが、
夏で、夏休みをとってる生徒さんが多くて
あんまり使用済みの教科書が
なかったんですね・・・・。

だから今回は
定価で1つは購入して
もう一つは奇跡的にお友達が
過去にとっていたらしく
同じeditionということもあり
お友達から買い取りました。


そんなかんじで
かるーく書きましたが、
海外の大学の教科書事情でした。



では!



いいな!と思ったら
クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓



インスタも更新中!
@mizuki25252

最新のブログ更新情報は
ぐぐたすから!
+1 Mizuki Kato


アイコンタッチで
各SNSに飛べます。
    




広告






0 件のコメント :

コメントを投稿

お気軽にコメントどうぞ!