広告

18日 英語を話せるようになった私が旅行に行った結果。 #断然違う #劇的な変化を実感 #留学すげえ






こんばんは。
いや気づいたんですよ。
今までの海外旅行って
おそらく英語が喋れない
私、妹、そして母としていたのですが、
今回このNY旅、、、
私が英語話せるようになって
初めてのカナダ以外の海外旅行だったことに!
(多分。)

旅行としての海外にっていう意味です。
なので目的がちがうカナダは
カウントしてないです。

いやもちろん英語が母国語の彼りんこが
旅行中いつもお隣にいたわけですが、
それでもやはり前までの海外旅行とは
ちがうことを実感しました。

なにがって、、、
相手の言ってることがわかるし
伝えたいことがすらすら伝わる!

私が小学生くらいのとき、
パラオに家族で行ったときに
ホテルのレストランで
現地の人に憧れて
”Hi"ってノリで
ウェイトレスさんに言ったら
ウェイトレスさんが突然英語を
ベラベラ話してきて(当たり前。)
あのとき、相当焦った記憶と
恥ずかしかった記憶両方残っております。

だからね、、、だから、、、
本当に海外旅行で相手の言ってることが
分かって自分の言いたいことが伝わる現象は
新鮮だったの!

いや、4年もカナダに留学させてもらってて
英語でコミュニケーションとれるのは
当たり前だろって思う方いるかもしれないですけど、
そもそも当たり前じゃなきゃいけないんですけど、
その、当たり前を実感したのが
この旅だったんです。

なんででしょうね、、、
カナダとは違う風に感じました。
なにが違うっていうのは
わからないけど、
カナダで学校に行ってるときや
友達とお話ししてるときには
あんまり感じられてなかった
絶対的な英語力が上がっている確信
みたいなのができました。

不思議ですね・・・。

本当に留学すげえ。

いやだって、リアルな私を知ってる人は
わかると思うけど
偏差値50-55の第一志望の私立中学に
受からなかったアホちんな私が、
今、英語がこんなに使えるって
すごい劇的な進歩なんじゃないか、と
思いません??!!

だからもっと上達しなきゃ
もったいないですよね。

受験も、留学も
全部自分のやってみたい発言から始まっていますが
そんな私の無茶苦茶をサポートしてくれてるのは
母上なので、、、
子供をサポートするのが親の”仕事”とはいえ、
それ以上のことをしてもらっていて
いやー、いつも感謝とは思ってるけど
本当に母上には頭が上がらないですね。
(日本語の使い方あってる?)

いや、真面目に本当に勉強頑張ります。
ちゃんとSFU卒業できるように!!

将来のことはぼちぼち考えます。

彼との仲良し感しか
書いてないブログになってたけど、
そんな風にも感じることができた旅行でした。

今度は違う国行きたいー!笑


Follow Me 
   




0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントいただけるとありがたいです!