広告

23日 Brand New Morning #ハロプロ #ヲタヲタ #アイドル語る #複雑な心境 #日本の男女の差について考えてみた #意識高い系でもなんとでもいえ




ハロプロ愛がやはり燃え尽きない
今日この頃です。

モーニング娘。'17の新曲の1つ
Brand New Morning のMVがYoutubeに
アップされましたね。



新メンバーが加入して
いい感じのMVとなっています。
私的にはつんく楽曲の
ジェラシージェラシーが
待ちきれません。

そんなまだまだアイドル大好きな私、
とても複雑な心境なんです。
とくにコンサートDVDとかをみると
複雑すぎて思いっきりサイリウムを
振ることができていません。

私が好きなアイドルちゃんたちって、
歌って踊って撮影してもらって
時々やってくるドラマの仕事こなしてっていう
ビジネスじゃないですか。
人気と比例しやすい写真集や、
その子が載っている雑誌などの
売り上げが伸びれば、
その子の歌割も増える、みたいな。

人気があった鞘師里保ちゃん、
私が大好きな鞘師里保ちゃん、
モーニング娘。では
ひたすらセンターだったけど
それなりに売り上げに貢献してたから
ひたすらセンターだったと思うんです。

このビジネスって、
日本の男性社会を
ものすごくサポートしてる
ものじゃないか?と思ってしまったんです。

世界の中で、
男女の差がある国ランキングみたいなので
日本は最下位に近かったんですよね。
日本の女と男の差が激しすぎてワロタ!って
話題にもなってたと思います。

その男女の差がなかなか縮まないのは
このアイドル文化が女より男みたいな
固定概念を生み出してしまっているのでは?と
思ったんです。

もちろん、
男性に特化したビジネスは
他にもあります。
風俗、キャバクラ、AV女優、グラドル、などなど。
けど、この4つの場合
あまりイメージはよくないです。
「私の知り合い、アイドルなの!」っていうのと
「私の知り合い、風俗で働いてるの!」っていうのでは
まったくイメージがちがうけど
ビジネスの根本的なアイディア、
男性の欲を満たすためのビジネスという意味では
全く同じなのに、アイドルだけは
「将来、アイドルになりたいです」が
許されるんですよね。

なぜ、こんなにイメージがちがうのか。
それは、アイドルの彼女たちのお仕事は
「夢や希望を届ける」ことって
メディア上では伝えられます。

例えば、AKB48。
最初のオーディションで
秋元康さんが選んだ女の子たちは
「どこにでもいそうな女の子たち」でしたよね。
さっしーこと指原莉乃ちゃんが、
いい例ですよね。
どこにでもいそうな女の子だったけど、
今じゃレギュラー番組やら、
MCやらいろいろこなすようなスターに
なっているわけじゃないですか。
それもこれも、すべて彼女の努力。
まさに、私みたいなどこにでもいそうな
ブスデブな女の子からしたら
指原莉乃は希望です。
あ、私でも、、、こんな風になれるのかも!って
思ってしまいます。

でも、ちゃんと考えてみれば
その指原莉乃ががんばった努力って結局
男の人たちにいかに好かれるかの努力ってこと
なんじゃないか?と疑問になります。
で、そんな疑問を頭の中でぐるぐるさせながら
ハロプロや他のアイドルのコンサート映像とかをみると、
綺麗な足を見せるのも、可愛い顔でいるのも、
露出多めな服を着て、セクシーな振り付けを
踊っているのも、
キャラを確立させたのだって
すべては男性ファンを喜ばして、
ファンの数を増やすため、、、
というふうにしか見えなくなってくるのです。

もちろんそのファンを増やす過程で
テレビやコンサートでお客さんとしてみている
女の子たちにこうすればスターになれるよっていう
メッセージを伝えてて、
そのメッセージに隠されてるのが
いかに男性に好かれるか、ってとこじゃないかな?と
思いまして。

テレビに出ている
足も腕もほっそりしてて、胸だけ大きくて、
鼻高くて、目が大きくて、肌が綺麗な
女の子たちのイメージが、私たち
オーディエンスに伝えることって
そういうことですよね。

本来だったら
「ありのままでいいんだよ」っていう
メッセージを伝えなきゃいけないメディアが
いかに女性に「綺麗でいなきゃいけないんだよ」
っていう間違ったメッセージを
伝えているのかが
見えてきますよね。

もちろん、それも女性に
お金を使わせるためというか
なんというか。
成功してる女性=容姿が整っているという
メッセージを受け取った
一般女性からすれば、
そのテレビの間間に流れるCMの
化粧品を買ってしまいがちじゃないですか。
それがテレビ局の目的なのかもしれないけど。

まあ、それはそうだったら
彼らにとって、一石二鳥です。
アイドルをテレビに映すことで
男性は喜び、女性は綺麗になろうと努力する。
そこで、男性社会が維持されていくと
思うんです。
女性は男のために綺麗でなきゃいけないという
固定概念みたいなのが生まれてしまって
美容に力をいれてない女子=社会的地位がしたとみられ、
面接とかでも落とされてしまうんでは??と
勝手に妄想しています。

ちょっと話はずれましたが、
こんな風にメディアを通して
この彼女たちが私たち女の子に届けている、
またはその後ろで操り糸を引いている大人たちが言う
「夢や希望」っていうのは、
実は、男の人たちに媚を売って得ているものを
指しているけど、ただひたすらアイドルが好きな
私みたいな女性ファンは知らず知らずに
その男性社会維持を
サポートしてしまっているのでは?
これじゃあ、一生日本はある意味で
後ろに進んでいくのでは?
と思ってしまったので、
複雑な気持ちでアイドルを追いかけている
今日この頃でした。

作詞作曲振り付け演出
ほどんどすべてを
上の大人の指示に従う女の子たちを
集めて、ステージに立たせて、
歌って踊らせるビジネス
って日本特有だからこそ
もしかしたら今の日本が男性社会を維持してる
ヒントがあるのかもって思って考えてみました。
(北アメリカと比べた場合です。)

いや、小さい時から
アイドル大好きだからこそ
もっと深く研究したいんですよね。笑
本当に、アイドルの意味を知りたいんすよ笑
あとは、大学で勉強してる・・・っていうか
メディアはメッセージ。みたいな
まくるーはん?さんの名言について
考えてみました。


もちろん、アカデミックなリファレンスもなにも
リサーチしてないし、ないので
あくまで私の思ったことです。笑
大学の課題でも似たようなこと書こうと思ってるので
もうちょいちゃんと調べますけど笑
そして、ちょっと読み返したら
極端なことばかり書いているので
もちろん、、、、まあいろいろ思うことは
あると思います笑
みなさんはどうおもいますか?
・・・って長すぎて多分私の言いたかったことが
うまくまとめられてないので、
どう思うもなにもないですよね笑笑笑

長文ごめんなさい!

では!




クリックしてもらえるとと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓↓


ブログランキング

クリックして各SNSに飛べます。
   
    







時事ネタメインのブログはこちらのURLから↓
https://mizukilifestyle.amebaownd.com/


広告


0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントいただけるとありがたいです!